右脳教育

そろばん脳(珠算式暗算脳)=生涯の宝物
そろばん脳が身につくのは子どもの時だけ!

左脳(理論的)

・思考や理論を司る(人間的脳)・文字や言葉、数字を分析・記憶容量が少ない・情報は常に上書きされる

多くの人は左脳で計算します。

右脳(総合的)

・五感・感性を取り扱う・見た事は瞬時に記憶、保存・左脳に比べ記憶容量は莫大・処理スピードも左脳より早い

・そろばん脳を持っている人は右脳を使って計算します。

日本医科大学の品川教授チームの20年にわたる研究によると、世の中のほとんどの人は、計算をする時は“左脳”を使っているそうです。この左脳の訓練によって開発された脳のことを筆算式暗算脳(ひっさん脳)と呼ばれています。
しかし、そろばんは違います。そろばんは、右脳に働きかけ計算を映像としてとらえ、瞬時に計算するのです。右脳を鍛えるそろばんは、スピードと正確さが身につきます。右脳の訓練によって開発された脳のことを珠算式暗算脳(そろばん脳)と呼ばれています。そろばんの技術を習得した人だけが、右脳の後頭部に“そろばん脳”を作ることができるのです。

珠算式暗算脳(そろばん脳)とは?

珠算式暗算とは、そろばんの珠をイメージ化して頭の中に浮かべ、それを実際のそろばんと同じように動かして計算する方法です。
九九も、インド式計算も、公文式もこの左脳を鍛える訓練に過ぎません。対して、そろばんは右脳に働きかけて計算を映像としてとらえていくので瞬時に計算することが可能になります。このように、そろばんは右脳を鍛える訓練となるのです。
この珠のイメージする場所は右脳の後頭部のところに作られ、一度できるとその場所は生涯に渡って存在し、いつまでも使うことができます。
ただし、この“そろばん脳”は子供の時にしか作ることができません。
ですので、子供の頃からそろばんを習わせるということがいかに重要だということです。

体験入塾申込み・お問い合わせはコチラ! お気軽にお問い合わせください

PageTop